普段の食事内容で改善すべき点

  • 2010/02/28(日) 16:15:00

あなたは普段どんな食事をしていますか?


普段の食事は現在のあなたの体型を作るのにかなりの影響を与えています。

普段から脂分を控えている人やバランスの良い食事が出来ている人、

アルコールを控えている方などは、

ある程度引き締まった体を維持することができているのではないでしょうか。

逆に毎日飲み歩いたり、

コンビニやファーストフードでよく食事をする方、

水を飲まずにジュースばかり飲んでいたりする方は

皮下脂肪または内臓脂肪に悩まされているかと思います。


引き締まった体を作り、

維持していくのにはこういった普段の食事を見直していく必要がありますよね。

毎日のように飲み歩いているあなたは

それを週一回にしたり、

コンビニやファーストフードばかりのあなたはお弁当などを作って持っていったり、

ジュースばかりのあなたは代わりにお茶や水を持参するなどして、

改善する方法を少しでも考えてみましょうね。

好きなものを食べるな、飲むなということではありません。

しかしある程度の節制はダイエットには不可欠になってきます。

みなさん普段の食事内容で改善すべき点がでたのかはわかりませんが、

それを一気に全て変える必要はないのです。

焦らずひとつずつ変えていくことが継続するということにおいて大事になってきます。

いきなり食事の全てを見直して、それを実行すれば、

ストレスを抱え込み途中で投げ出してしまうのではないでしょうか。

体重・体脂肪を増やして体型を崩すのは非常に簡単です。

しかし、それを元に戻すのは非常に時間が掛かり、

大変な作業になってきます。運動で減らそうという前に、

食事である程度維持するようにしましょう。

これから改善する方は運動と食事の2つを正しく行いましょうね。

運動もしくは、食事を単独で改善したときよりも同時に行うほうが

効果は確実に早まりますよ。

相乗効果が生まれるということです。

まずは朝食・昼飯・夕飯・間食・飲料などを自己分析してみましょう。

自分で判断できない方は痩せているかたに見てもらったり、

比べたりしてください。改善できるポイントが見つかるはずです。


1日5分のダイエットとアドバイザーのサポート付きで痩せる

⇒姉妹ブログ:勝ち組になる!ダイエットの本当の理由

村本エリカノーリスクダイエット水デトックスで劇的ダイエット

食物の摂取カロリーについて

  • 2010/02/27(土) 16:18:32

さて、あなたはもうある程度普段の食事を自己分析することができているかと思います。

分析する際にエネルギー・カロリーを調べた方はいらっしゃるでしょうか?

カロリーを計算して分析できた方すごいですね!!

ところでダイエットしている、いないに関わらず、

カロリーという言葉はほとんどの人が聞いたことがあると思います。


私たちが摂取する食物にはすべてエネルギーが存在し、

そのエネルギーが体を動かす源となるのです。

体を動かすにはエネルギーが絶対に必要になります、

しかし体を動かすための必要なエネルギー以上摂取した場合は体脂肪として蓄積されるのですよね。

ですから体を動かすために必要だからといって、

エネルギーを摂取しすぎるのも問題だということです。

食物などでエネルギーを摂取することはとても簡単にできてしまいます。

ではエネルギーを消費するのはどうでしょうか?

あなたが普段されている運動でどのくらいのエネルギーを消費しているか理解していますか?

例をとって考えてみましょう。

体重60キロの人が時速8キロで30分走った時に消費するカロリーは約260キロカロリーとなります。

ちなみにカップ麺ひとつに対してカロリーは少ないので約300キロカロリー、多いのだと500キロカロリーを超します。

なんとなく理解できましたか?これを聞いて運動を諦めたりはしないでくださいね。

当然、運動内容によって消費するエネルギーは変わります。

みなさんが何キロカロリー消費したかを測定する必要はありませんがエネルギーを消費するのは大変で、

摂取するのは簡単なことだということを頭に入れておきましょう。

もう何度も言っていますが、運動は自分にあった量をコツコツとやっていきましょう。

運動自体でカロリーを消費しようとすると必ず無理が生じます。

運動する目的は、あくまで筋肉量を増やすことです。筋肉量が増えると、

基礎代謝も増えるということは、もうみなさんしっかりご存知かと思います。

日々の積み重ねが大切なのです。


1日5分のダイエットとアドバイザーのサポート付きで痩せる

⇒姉妹ブログ:勝ち組になる!ダイエットの本当の理由

村本エリカノーリスクダイエット水デトックスで劇的ダイエット

ダイエットの効果には食事が大きく左右する

  • 2010/02/26(金) 16:26:54

あなたはダイエットの効果には

食事が大きく左右するということについて充分理解していることでしょう。

しかしエネルギー・カロリーは食事面の知識としては基礎中の基礎としか言えません。

これだけを理解しているのに上手に痩せられないこともあるでしょう。

ではエネルギー・カロリーの他にどういったことを理解する必要があるのでしょうか?

知っておいたほうが良い知識きりがないほどあります。

そのなかでも大切なことを一緒に知っておきましょう。

まずは食事(栄養)の種類と量です。

食事(栄養)の種類は大きく分けると5つありますよね。

炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルです。

この5つを5大栄養素といいます。

炭水化物・脂質は主に体を動かすためのエネルギーとなります。

たんぱく質は筋肉や骨格を形成するためのもので、

ビタミン・ミネラルはさまざまな機能の助けになるものですね。

ほとんどの方が食事では炭水化物や脂質が多く、

たんぱく質が不足しがちです。

たんぱく質が不足するということは筋肉を作る元となるものがないのでトレーニングを行なっても、

効率的な体作りはできないでしょう。


ダイエット中にはたんぱく質まで控えてしまっている人もいるかもしれませんが、

たんぱく質こそ、ダイエットの強い味方なのですね。

炭水化物・脂質を取りすぎるとお気づきのとおり

体脂肪・内臓脂肪に変わり、体重増につながったり、

代謝の妨げになったりするのでダイエットをするときには、

炭水化物や脂質のバランスに最大限に注意しましょうね。

食事の種類の他に重要なことは食事をするタイミングです。

仕事柄、不規則な生活で食事のタイミングは難しいという方もいらっしゃると思いますが、

タイミングもとても大切な要素です。

働いている日本人は朝の食事は少なく、

昼はコンビニ弁当、夜がメインでたっぷり食べるというパターンが多いようです。

実はこのパターンが一番効率の悪い食事のタイミングなのです。

朝から夕方にかけて一番エネルギーを消費するので、

朝が一番しっかりと採る必要があります。

もうご存じですよね。そして夜になると動くことも少なくなりますので、一番控えるべきです。

寝る1時間前にしっかり食べるというのでは話になりません。

寝ているときに消費できるエネルギーというのはわずかなものです。

そしてなにより消化に悪いですから気をつけましょう。

このように食事のタイミングも考えることが必要になります。


1日5分のダイエットとアドバイザーのサポート付きで痩せる

⇒姉妹ブログ:勝ち組になる!ダイエットの本当の理由

村本エリカノーリスクダイエット水デトックスで劇的ダイエット

夜型生活が太りやすい

  • 2010/02/25(木) 16:34:23

朝はギリギリに起きて会社へ、

おまけに就寝前の飲食は止められない……というあなた、

その夜型体質変えたいですよね。

痩せやすいカラダづくりには朝が肝心です。

朝早く起きてご飯をしっかり食べると、

そこで代謝に使うエネルギーも補うことができるのです。


朝、しっかり食べて、少し運動をしていくと体のシャッキリ感も違うはずです。

早起きして早い時間に夕食を済ませるという「朝型生活」のほうが、

エネルギー代謝の良いカラダになるのですよ。

3食分の食事の際に出るエネルギーの合計は、

「朝型」は体重1キロ当り平均0.905キロカロリー、

「夜型」が同0.595キロカロリーとなり、

「朝型」のほうがエネルギー消費量が多いことが最近わかっています。


これまで夜型生活が太りやすいと経験的には知られていましたが、

しっかりとした結果も出ているのです。

ですから、朝エネルギーが燃えやすい身体になった時に

ストレッチや軽い運動をしていくと良いかもしれませんね。


朝にできる軽い運動とはなんでしょうか…

犬の散歩、家の掃除、洗濯、朝ならではの事柄に

少し体を動かしているぞという意識をするだけでも、

あなたの動きは全く違うものになると思います。

わざわざ忙しい朝に、新しく運動を取り入れる必要はないのです。

いつもあたりまえにしていることのなかに少し意識をするだけで違いがでてきます。

それが無理のないダイエットなのです。


さて、朝の運動で代謝がよくなった体に、

さらに脂肪燃焼効果の高い朝ごはんを食べれば、

痩せやすい体質に近づくことができるでしょう。

特に体を温めるスープはこれからの寒い季節にもおすすめですよ。

温かいものを飲むだけでも満腹感が得られやすくなりますし、

ほっとゆっくり落ち着いた気分にもなれますよね。


他にも、食物繊維やビタミン豊富な「キャベツ」を取り入れたり、

よりカラダを温めてくれる「しょうが」を加えると消化にもよくなりますよね。

その他、脂肪の蓄積を防ぎ整腸作用にも効果のある「りんご」や、

カリウム豊富な「バナナ」も朝ごはんレシピに進んで取り入れたいものですね。

理想の自分、なりたい自分

  • 2010/02/24(水) 16:39:19

長くダイエットをしていると

何度も壁に突き当たってしまいますよね。

あなたの目標は決してダイエットをすることが目標ではないはずです。

ダイエットを成功させてキレイになることですよね。

ダイエットをすることは過程にすぎません。


それ以外にも、将来の夢、恋愛、仕事、収入、

いろんな目標ももっているはずです。

そして、それらの目標がごく稀に

ダイエットの敵になることも少なくはないですよね。

たとえば毎日続けている運動、

急な残業で時間に余裕がなくなったことやデートの予定などでできない時もあるかもしれません。

ダイエットはダイエット以外に大事にしていることと、

痩せるということをどんな風に折り合いをつけていくのかということについても、

考えさせられるものですよね。

いかにぶれないダイエットをするかについて、

いくつか提案できることがあります。


まずはダイエット以外に大事なことや目標についてしっかり考えてみましょう。

全ての分野について具体的な目標を書き出してみます。

自分自身で書いて振り返ることで、

優先順位や大事にしたいことがわかってくるかもしれませんよ。


あなたの目標は一つの分野に偏り過ぎてはいませんか?

同時には達成できない目標を掲げてはいませんか?



全部上手くバランスをとることはとても難しいですよね。

時には何かに対する目標を修正しなくてはいけないかもしれません。

どのくらい時間がかかりそうなのか、

どのくらい頑張ればいいのか見通しがつくことも良いことですよね。

女性としての自分、社会人としての自分、もちろん女の子としての自分、
どれも大事な自分です。

ダイエットばかりに気を取られて、

他の事がおろそかになってしまっては例え外見が素敵になれても、

内面を豊かにすることはできません。

ダイエットに躓いたかな?と思った時は、

理想の自分、なりたい自分を思い浮かべて心も体も美しい人になれるような考え方をしてみましょう。


そのためには、ダイエットの目標だってもちろん、

クリアしやすいものに修正することも悪いことではないのです。

長くダイエットをしてるからこその長期的な視点で取り組めることが

バランスのとれたダイエットなのではないでしょうか?


1日5分のダイエットとアドバイザーのサポート付きで痩せる

⇒姉妹ブログ:勝ち組になる!ダイエットの本当の理由

村本エリカノーリスクダイエット水デトックスで劇的ダイエット