自分が褒められた時の事を 思い出してみて下さい!

  • 2011/02/25(金) 10:06:31

「これでダイエットも頑張れるんです」


自分をほめる。

一日に何回,
自分を褒めてあげていますか?

毎日そんなに褒める事なんか見つからない。

甘やかす事になるのでは?

もしかしたら、
こう思うかもしれません。

しかし、甘やかすのと
褒めるのは全く違います!

怠けたい、逃げたい。

こんな時、理由をつけて
ほうり出してしまうのが、甘やかす。

それに対して、
頑張った自分をねぎらってあげる。

これが褒めるということですよね。



例えばあなたがご飯を作った時。

おいしい!
どうやったらこんなに美味しく作れるの?

こう褒められたらどうですか?

もっと褒めてもらえるように、
次も頑張ろう!

こう思いませんか?

この前エチカの鏡でやっていたのですが。

夫を褒めてあげる。

褒めることで、
家事を手伝ってくれるようになったり、
様々なやる気を
引き出すことが出来るというのです。

褒めることが見当たらない。

こうではなく、
褒める状況を作り出す。

これが大事なのだそうです。

手が離せないから申し訳ないけど、
浴室を少し掃除してもらえない?

自分で、何かを手伝ってもらう状況を作る。

そして、終わった後に
「すごい!ちょっとの間でこんなに
きれいに出来るなんて!さすがパパ!」

こう褒めることで、
また手伝おうかな、
という気持ちにさせる。

さりげないことでも、
褒めるという事が大事なんですね。



なぜ人は褒められることで、
やる気がでたり達成することが
出来ると思いますか?

自分が褒められた時の事を
思い出してみて下さい!

何も言われないより、
褒められた時の方が、頑張ろう!
と思う気持ちが強くないですか?

そうなんです!

褒められれば、
また褒められたいと思い、
やる気が出るんです!

私は、褒められて伸びる類いなので、
褒められれば嬉しくて、
炊事や家事も今まで以上に頑張れるんです。



それは、ダイエットをしている時も同じです。

痩せたね!
子ども産んでるのに何でそんなに細いの?

こう言われると、もっと褒めてもらいたい!
と思いダイエットも頑張れるんです。

ダイエットしてるのに、
あまり
成果ないみたいだね。

マイナスな事を言われるよりも、
プラスになる事を言われたほうが、
意欲的になれませんか?

これは、他人から褒めてもらう、
という事だけに限らなくていいんです。



一日
トレーニングもやって、
食事もきちんと摂った。

間食もし過ぎないで辛抱した。

その日頑張った自分へ。

今日もダイエット頑張ったね!

少しお腹の肉落ちたんじゃない?

自分で自分を褒めてあげることでも、
やる気は出てきますよね!

私も朝起きて体重を計るとき、
夜寝る前に、
自分を褒めるようにしているんです。

朝は、体重のキープ頑張ってるね!

夜は、今日も一日家事や子育て楽しんだね!
ご飯もバランスよかったね!と。

毎日の事でも、
必ず自分を何かしらで褒めてあげる事は、
自分の中でも意識を高める事もできて、
とても大事なのだと思います。



まず、一日の終わりに自分が頑張ったな!
と思うことを考えてみてください。

そして、それを自分で褒めてあげてください!

まずは意識的にでも、
自分を褒めてあげる。

やってみて下さい!



村本エリカ式 ダイエット痩せレシピ





愛犬 自然治癒力 脳幹活性ペンダント

合宿免許 女性専用宿舎 CLO

ワキガ ニオイ セルフケア