ダイエットによる運動の消費

  • 2010/02/23(火) 16:43:39

なかなか運動しても続けることができないということがありますよね。

摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることは本当に大変なことです。

ダイエットは普段の生活の一部ですが、

運動というと習慣づけるまでには、

慣れや時間的な余裕、

体力など簡単なウォーキングやランニングでも日常の中に取り入れるのには時間がかかりますよね。

さてそもそも消費カロリーとは何なのでしょうか?

消費カロリーは二つにわけられることはご存知ですよね。

基礎代謝と活動代謝になります。

基礎代謝というのは何もしないでも消費される体力です。

ボーっとしていても、心臓を動かし全身に血液を循環させたり、

肺を動かして呼吸をしたり、

頭のてっぺんからつま先まで体温を36度前後に保ったりと

(無意識に)様々な活動を行っています。

簡単に考えても重さ60キロ以上の物体(身体)

を30度以上の温度に保つだけでも相当のエネルギーが必要なわけで、

実際には私たちが使っているエネルギーの半分以上は通常この基礎代謝で使われています。

それに活動代謝が加わります。

一日の中で仕事や遊びをする時に使う消費ですね。

さて、そこにダイエットによる運動の消費を加えるイメージをしてみましょう。

自分の生活スタイルにあった運動ほど、消費量が増えることになるでしょう。

ダイエットのために運動をしようとするとなかなか時間が取れなかったり、
難しかったりするものです。

ダイエットの運動のために、

普段の消費を減らしてしまうことにもなりかねませんね。

ダイエットのための運動より、

もとの活動の方があなたの一日を充実させ、

心地よくさせるものであるのなら、

あなたはダイエットのための運動を始めることによりある種のミジメさや空しさ、

もっとやりたい(やらなければならない)

ことがあるのにやれない欲求不満などを感じることとなるのです。

このような不快な状況は一時的ならば耐え忍ぶことも可能ですが、

ダイエットに数ヶ月を要する10キロ以上のダイエッターには深刻な障害となり、


ダイエットを中断させる大きな要因の一つとなるのです。


自分にあった運動…というよりは活動を精一杯して良く眠ることをまずは心がけてみてください。

食べること以外なら、友達と遊んだり、

恋人とデートしたりなんでも大丈夫。

何らかの形で気持ち良くエネルギーを使うことができればいいのです。

そして、時間がある時や余裕がある時に運動にも取り組んでみてくださいね。

運動に行き詰まったらまず、こんな方法で力を抜いてダイエットに取り組みましょう。


1日5分のダイエットとアドバイザーのサポート付きで痩せる

⇒姉妹ブログ:勝ち組になる!ダイエットの本当の理由

村本エリカノーリスクダイエット水デトックスで劇的ダイエット

究極の万年ダイエッター

  • 2010/02/22(月) 12:25:42

このままずっと永久にダイエットが続くような

気の遠い感じに思っている方もいるかもしれません。

思ったような結果が出ないと確かに気は遠くなりますよね。


ダイエットには3種類あるとよく例えられていますが、

それはやせるかやせないは別として一種の娯楽としてのダイエットと、

実際に10キロとか20キロとか本当にやせるためのダイエットと、

摂食障害の方などが行っている脅迫的なダイエットのことを指しています。

聞いたことある人もいるのではないでしょうか?

ところが、現実的には実際に(10キロ単位で)

やせるダイエットは黙々とした努力と時間が必要で、

なかなか娯楽性を見つけられるような内容にするには難しく、

なので雑誌やテレビ番組で扱われることはほとんどありませんよね。

そのため、実際に(数十キロ)やせたい人が

巷に流れる奇跡のダイエットに飛びついては驚異のリバウンドを繰り返し、

究極の万年ダイエッターになっている悲しい現状がうまれてしまうのです。


1日5分のダイエットとアドバイザーのサポート付きで痩せる

⇒姉妹ブログ:勝ち組になる!ダイエットの本当の理由

村本エリカノーリスクダイエット水デトックスで劇的ダイエット


  • ダイエット
  • | trackback(0)
  • | comment(0)
  • 最大の肥満の原因「食べすぎ」

    • 2010/02/21(日) 12:36:57

    ダイエットの対しての毎日の努力は順調に続いていますか?

    食べた物をきちんと記録することは以前提案していましたが、

    このようなことはすぐ億劫になってしまう人も多いかと思います。

    さて、あなたが太ってしまった原因はなんですか?

    太る原因を一言で言ってしまえば

    そのほとんどが「食べ過ぎ」によるものだと言えますね。

    もちろん食べ過ぎの「過ぎ」には、

    運動不足という意味合いも含みますから、

    一概に食事のみをさす言葉ではありません。

    やはりどんな人でも太った直接のそして最大の原因は

    「食べ過ぎ」にあるのではないでしょうか。


    その最大の肥満の原因「食べすぎ」を自覚し、

    改善するためのとなるの手がかりになるのが

    毎日の自分の食事を記録するということにつながるのです。

    食事日記を何に書くかですが、

    大学ノートや日ごろつけている日記帳でもかまいませんし、

    常時持ち歩いている手帳でもかまいません。

    またインターネットで公開するのも一つの方法ですよ。

    自分が継続的に記録でき、

    随時閲覧できるものであれば何でも大丈夫です。


    さて、次は何を記録するかですが、

    これは食事日記の基本ですよね。

    以前も伝えたかと思います。

    何を食べたか全てをありのままに記録します。

    また、通常の食事に限らず、間食はもちろんのこと、

    水、お茶、服薬など、口に入れたものは全て記録しましょうね。

    さらに、できれは「と詳しく原料まで書くのが理想的ではありますが、

    その辺は状況にできる範囲で大丈夫です。


    さらに食事の開始時間、終了時間を記録すると良いでしょう。

    ここまでが以前に提案した内容ではありますが、

    他にももっと記録しても良いことがあるます。

    続けられている人は取り入れてもいいかもしれません。

    食事の内容もさることながら、

    それをどこで食べたかという情報も

    あなたの食生活を修正する上で重要な手がかりになってきます。


    例えば「キッチンで立ちながら」とか
    「冷蔵庫の前」とか「勤務中休憩室」などで

    間食をすることが多いことが分かれば、

    今後食べる場所に気をつけることで多くの間食が減らせることでしょう。

    また「レストラン」や「車の中」「居酒屋」など、

    もしかしたらあなたが今まで意識せずに

    過食してしまっていた特定の環境を発見するかもしれませんね。

    この食べた場所については、できるだけ具体的な場所を詳しく書いてみましょう。

    例えば、同じ家であっても、

    キッチンの前で立ったままつまみ食いをするのと、

    テーブルについての食事では意味合いが

    大きく変わってくることはわかりますよね。

    1日5分のダイエットとアドバイザーのサポート付きで痩せる

    ⇒姉妹ブログ:勝ち組になる!ダイエットの本当の理由

    村本エリカノーリスクダイエット水デトックスで劇的ダイエット




  • ダイエット
  • | trackback(0)
  • | comment(0)
  • ダイエットがあなたに与える効果

    • 2010/02/20(土) 12:41:37

    あなたがダイエットに対して持っている目標はなんですか?

    いつもどんな目標に向かって頑張っているのでしょうか。

    ダイエットにおいて目標を設定することはとても重要なことです。
    この重要性についてはあなたには

    もうよくわかっていることと思います。


    さて、10キロ以上の体重を減らすということをする時には

    この目標が2つあったほうが良いと言われているのはご存知ですか?

    その2種類の目標とは、

    目で見たり触ったり機械で測定することができる有形の目標と
    「自信をつける」「異性にモテたい」「健康になりたい」などの

    その達成の度合いが機械でも測定しにくい無形の目標です。

    この両方のバランスが必要になってきます。

    例えば、有形の目標である「○○kgになる」とか

    「ウエスト○○cmになる」などの目標のみを追い求めて

    ダイエットをあなたがしているとしましょう。

    達成するのに数ヶ月を要する10キロ以上のダイエットは

    途中で体調が悪いときもあれば、

    豪華な料理を目の前にする機会が増えるときもあれば、

    好きなものを好きなだけ食べられないことに

    イライラすることもあるでしょう。

    そんなときあなたはこう思うかもしれません。

    「私はなぜこんなことをやっているのか…」。

    この時即座に「○○のため!」というダイエットを

    行う明確で強力な理由を自分に言い聞かせられなければ、

    ダイエットは一時中断し、

    最悪の場合はこれを機にダイエットをやめてしまうことになりかねません。

    この時「健康のため」や「異性にモテるため」や

    「流行のファッションを身にまとうため」などの

    無形の目標があれば気持ちを立て直すことができますよね。

    ダイエットとはそもそもより良く生きたいという

    向上心の表れなのではないでしょうか。

    外見的にどうなりたいかという有形の目標と、

    内面的に自分がどう向上したいのかという無形の目標を両方明確にすることで、

    ダイエットがあなたに与える効果も明確になってきますよね。

    惨めさや不快感の中で永久にダイエットを

    続けてダイエットに囚われてしまうよりは、

    有形と無形の目標という二つの手綱を

    上手に操って主体的にダイエットに取り組みましょう。

    そうすることで、ダイエットはあなたの人生を

    豊かにするための手段なのです。


    1日5分のダイエットとアドバイザーのサポート付きで痩せる

    ⇒姉妹ブログ:勝ち組になる!ダイエットの本当の理由

    村本エリカノーリスクダイエット水デトックスで劇的ダイエット


  • ダイエット
  • | trackback(0)
  • | comment(0)
  • 太っていることのメリット

    • 2010/02/19(金) 12:47:37


    ところで、あなたは何故ダイエットを始めたのでしょうか?

    ダイエットを始めた時、

    だいたい何か目標を立てているとは思います。

    ダイエット以外でそれに向けた努力を何かしていますか?

    もしかして「太っているから…」

    と諦めたままではないですか?

    「太っているから」を理由にできることはたくさんあります。

    体型的な問題だけではなく

    あなたが持つ性格やその問題に関係する相手の感情などの

    本質的な問題の方が大きいのではないのでしょうか。

    「太っているから」で自分の本質的な問題から傷つかなくていいことは、

    太っていることのメリット…

    かもしれませんね。

    あなたはこのメリット捨てられるでしょうか。

    現在の自分をウソ偽りなくありのままに受け入れる強さ、

    人に傷つけられるリスクがあっても

    自分の信じるものに挑戦する強さや、

    他人を傷つけるかもしれないが、

    必要に応じて「ノー」といえる強さなどを持つことも

    ダイエットの一部であることをまずは心に留めておきましょう。


    村本エリカ式ダイエット